「学歴不問」っていうのは昔からあるけれど

-
最近のニュースから。 池田市の取り組みのポイントは、中卒と大卒で採用後の給与に差をつけないというところですね。 ☆☆☆ ◎職員採用試験で「学歴不問」=人物重視、小論文は検討―大阪府池田市  池田市は、2017年4月採用予定の事務職員採用試験で学歴を問わず、人物重視の採用試験を実施する。18~30歳で中卒以上の人なら誰でも応募できるようにした。  受験者はまず自分の長所や短所…

続きを読む

役所の採用もインターンシップ制にすれば良いのにと思う

-
最近のニュースから。 福岡市役所の採用にインターン制度が導入されたのかと思ったら違いました。 タイトルに釣られました。 ☆☆☆ ◎既卒留学生向けインターンシップ=福岡市  福岡市は、市内の大学を卒業したか大学院を修了した留学生向けに有償の長期インターンシップ(就業体験)を実施する。採用試験を兼ねており、市内で就職を望む留学生の働く場を確保するとともに、地元企業が優秀な人材を…

続きを読む

民間から公務員よりも、公務員から公務員の方が伸びしろは別にして即戦力ではある

-
最近のニュースから。 ☆☆☆ 土木職で初の社会人採用へ=岡山県  岡山県は今年度から、職員採用試験の土木職で初めて社会人経験者採用を実施する。専門性や社会人経験をアピールできる自己プレゼンテーションを設けたほか、筆記試験は専門試験の配点を高くし、社会人としての能力・実績を評価する。  社会人採用は27~34歳(2017年4月1日時点)が対象で採用予定人数は2人。筆記の教養試験では…

続きを読む

採用試験にアクティブ・ラーニング

-
自治体の採用試験に関する動向です。 こんなニュースがありました。 ☆☆☆ 採用試験にアクティブ・ラーニング=岡山県奈義町  岡山県奈義町は、今年度行う職員採用の2次試験で、討論や発表を通じて課題の解決策を考える「アクティブ・ラーニング」の手法を導入する。人口減少や高齢化といった課題に対応するため、主体性や多様性、協働性を持った人材を確保する狙いがある。  試験は町の「教育・文化…

続きを読む

職員採用試験の問題作成について。なぜ問題持ち帰りOKにしないのか?

-
1年前にこんなニュースがありあしたが、覚えている人はいるでしょうか? ☆☆☆ 西日本新聞 2015年8月4日 「担当者が多忙で」設問の6割を市販問題集から盗用 熊本市教職員採用試験  熊本市教育委員会は3日、小学校教諭採用の1次試験で、「小学校専門A」の全50問中29問が市販の問題集からの盗用だったと発表した。  問題は東京の委託業者が作成した。業者は「担当社員が不慣れで多…

続きを読む

国家公務員の給与は3年連続で上がるらしいが、地方公務員はどうか?

-
一昨日、以下のニュースの通り、人事院勧告が出ました。 ☆☆☆ ◎3年連続で引き上げ勧告=国家公務員の月給、ボーナス―配偶者手当は半減・人事院  人事院は8日、2016年度の国家公務員の月給を0.17%(708円)、ボーナス(期末・勤勉手当)を0.1カ月引き上げるよう、国会と内閣に勧告した。月給、ボーナスとも引き上げを求めるのは3年連続。勧告通りに実施され、双方が3年連続で増額されれ…

続きを読む

大学を卒業しているのに高卒と偽って採用された神戸市職員が懲戒免職に。

-
最近のニュースから。 学歴を上に見せる詐称はよく聞きますが、逆パターンは珍しい。 内部告発でしょうね。 ☆☆☆ ◎学歴詐称の職員免職=神戸市  神戸市は8月4日、大学を卒業しているのに高卒と偽って採用された建設局の男性技術職員(42)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。この職員は1997年3月に大学を卒業したが、受験資格が高卒以下に限定された採用選考を受験。翌年4月に採…

続きを読む

内定と決定の違いとは?採用決定通知の内容

-
県庁の民間企業経験者採用試験に最終合格したのが10月。 県から「採用内定通知」が送付されてきたのが12月。 今回は、3月中旬に県から届いた「採用決定通知」の内容をお示ししたい。 採用決定通知の文面は以下の通りでした。 ☆☆☆ 平成2X年3月16日 ふぐた とらお様 某県知事 ○○ △△ 採用決定通知 春陽の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 …

続きを読む

公務員の残業は生産性に対する意識の欠如が原因だと思う

-
公務員(県庁職員)時代のわたしの「とある一日の風景」についてご紹介します。 6:30 起床。朝食&出勤の準備 起床後、顔を洗い、その日一日の仕事の段取りを考えながら、朝食の準備に取りかかる。 まあ、冷蔵庫から前日の晩ご飯の残り物を取り出して、レンジで温めるだけなのだが。 食後のコーヒーを飲み、パジャマからスーツへ着替える。 クールビズ期間中はポロシャツにチノパンという格好が多か…

続きを読む

配属先の希望と現実。人事担当者(採用担当者)は何を見ているのか

-
県庁で地方公務員として働いていた頃は、日々、「なんで自分がこの仕事(業務)をやっているんだろう」と思うことが多かったです。 というのも、わたしのような中途採用(経験者採用)の場合、募集要項などを読んでみても、少なくとも建前上は、 「これまでの民間企業における経験を活かして、県庁で活躍する」 「県庁にに新しい風を吹き込む」 というようなことを期待されて採用されているはずだからで…

続きを読む

集団討論を確実に突破するための5つのコツ

-
「集団討論」に関しては、わたしの場合、県庁の民間企業経験者採用試験(中途採用試験)の二次試験において一度だけ経験したのですが、色々と気づきが多かったので、今回は、わたしなりに考えた集団討論の「5つのコツ」を整理しておきたいと思います。 ちなみに、わたしの経験した集団討論は、グループは10名ほどで、与えられた時間は1時間というものでした。 試験官による事前説明と、課題の個別検討(1人1…

続きを読む

公務員試験に関する市町村の工夫

-
最近のニュースから。 ☆☆☆ ◎職員採用に「英語力枠」=茨城県笠間市  笠間市は2016年度職員採用試験から、英会話スキルに秀でた職員を採用するため、「英語力枠」を新設する。採用は1人程度を予定している。  英語力枠は、①TOEFL(iBT)が79以上②TOEICが730点以上③英検準1級以上―のいずれかの資格を持つか、同程度の能力がある人が対象。1次試験は作文や適性検査など…

続きを読む

公務員の仕事に関する雑感。問題だなと思うこと

-
地方公務員として仕事をしていて、問題だなと感じていたことを少し書きます。 これらを改善させることが、わたしのように民間から中途採用された方や、まだ役所に染まっていない若手職員に期待されている役割なのかも知れません。 ○仕事への姿勢 「自分のところに仕事が舞い込んで来るというのは、自分の存在の必要性を認められていること」とか「仕事を引き受けて、成果を上げて、自分の必要性を表現…

続きを読む

民間か公務員か

-
最近のニュースから。 ☆☆☆ ◎民間と競合、応募者9.5%減=人材獲得に知恵―17年度職員採用・時事通信調べ  2017年度に採用する地方公務員上級職(大卒・大学院卒程度)の1次試験が26日、多くの府県・政令市で行われる。時事通信の調査によると、既に実施された北海道(5月15日)、東京都(5月29日と6月5日)、大阪府(5月29日)、大阪市(同)を含め、都道府県と政令市の応募者…

続きを読む

コネがなくても、縁もゆかりもない市町村でも、合格できます!

-
世間に渦巻く公務員試験に関する都市伝説を、わたし個人の実体験をもとに検証したいと思います。 その都市伝説とは、 「公務員試験にはコネが必要」 というものと 「縁もゆかりもない市町村には合格しない」 というものです。 では、早速検証結果に移りましょう。 1.筆記試験にせよ面接にせよ公務員試験ではコネは一切不要 もちろん、コネがあるにこしたことはないと思います。 …

続きを読む