地方自治体では人事異動の「FA制度」が最近流行しているみたいですね

-
最近のニュースから。 ☆☆☆ ◎人事異動に「FA制度」=茨城県つくばみらい市  つくばみらい市は、職員自らが担当したい部署を申告できるフリーエージェント(FA)制度を導入する。職員のモチベーションの向上や組織の活性化が目的で、新年度人事に反映させる。  対象となる職員は、▽一般行政職の主査以下である▽同一部署での在籍期間が3年を超える▽人事評価が一定のレベルに達している―ことが条…

続きを読む

ゆるふわ職員でも構わない

-
わたしが勤めていた県庁にも、下記のような特徴をもった「ゆるふわ職員」がいました。 ・仕事のパフォーマンスは低く、自己評価も低い ・出世を望まず、将来にわたって高給を求めない ・仕事よりも自分の趣味に熱をあげる ・苦手な人とはコミュニケーションを取りたがらない ・上記のような性質をうまく隠す器用さを持っていない ・しかし、仕事がまったくできないとか、コミュニケーションがまったく取れ…

続きを読む

報・連・相(ほうれんそう)はもう古い?

-
「報(ほう)(告)・連(れん)(絡)・相(そう)(談)は、仕事を進める上での基本中の基本だ」と、入社後先輩から教え込まれてきた日本のビジネスパーソンは多いだろうと思います。 わたしの1年間の地方公務員生活でも、当時勤めていた県庁の同僚は、「報・連・相(ほうれんそう)」は重要であると皆考えていました。 そんな日本のビジネスパーソンがビジネスの基本と考えている、報・連・相(ほうれんそう)…

続きを読む

41道府県で月給アップ勧告。ダウンは大阪府と佐賀県!

-
47都道府県の人事委員会の2016年給与改定勧告が出そろいましたね。 熊本地震の影響で民間企業の給与調査を中止した熊本県は、月給とボーナスの改定を見送りましたが、月給は41道府県で引き上げ、ボーナス(期末・勤勉手当)は0.1カ月引き下げの鳥取を除く45都道府県でプラスとなりました。 月給引き上げ幅が大きかったのは、 ・鳥取県 1.06%(3671円) ・静岡県 0.88%(336…

続きを読む

20政令市の給与を巡る動き in 2016

-
全国に20ある政令市のうち2016年の給与勧告で給与引き上げとなったのは以下の12市です。 札幌、仙台、さいたま、川崎、横浜、相模原、新潟、浜松、大阪、神戸、広島、北九州 一方、給与引き下げは以下の2市。 千葉、名古屋 据え置きは以下の6市です。なお、熊本市は地震の影響で、民間給与実態調査自体を見送った模様。 静岡、京都、堺、岡山、福岡、熊本 官庁速報から引用しましょ…

続きを読む

地方分権を考える

-
1年間県庁職員として地方公務員をやっていたので、地方分権について少し考えてみました。 わたしの中では、「地方分権」のほか、「地方創生」「地方の時代」「道州制」といったものが、類似のものとして分類されています。 どれもよく耳にするフレーズではあるものの、これらの言葉が一体何を意味しているのか、正直理解できていません。 なんとなく、ぼんやりと、 「これらの言葉の意味する取り組…

続きを読む

公務員の働き方改革はどこまで進むのか?

-
給与に直接反映させるという人事院の取り組みはグッドだと思います。 男性職員に「育児休業を取れ!」と言いつつ、給与にマイナスの影響を与えるのでは、誰も取りませんからね。 ☆☆☆ ◎昇給区分決定、育休算入せず=介護時短も、働きぶり重視で―人事院  人事院は育児休業について、昇給区分を決める際に考慮する「勤務しなかった日」として扱わないものとし、事務総長通知を改正する方針だ。昇給区分は…

続きを読む

横浜市、川崎市も給料アップ。この様子なら相模原市もアップでしょう

-
人事院勧告を受け、各政令市の人事委員会も続々と動きを見せています。 今回は神奈川県の2市について。 まずは横浜市から。 ☆☆☆ ◎給与・ボーナスとも3年連続引き上げ勧告=横浜市人事委  横浜市人事委員会は12日、2016年度の市職員給与について、月給を0.12%(455円)、特別給(ボーナス)を0.1カ月それぞれ引き上げるよう、市長と市議会長に勧告した。月給、ボーナスともに…

続きを読む

さいたま市、大阪市、広島市は給与アップの方向です

-
国家公務員給与への人事院勧告を受け、各市の人事委員会も下記の通り動きを見せています。 このご時世に給与アップとは・・・というご批判は大いにありそうですが。 ☆☆☆ ◎月給、ボーナス3年連続上げ=さいたま市人事委  さいたま市人事委員会は、2016年度の市職員給与について、月給を0.35%(1362円)、期末・勤勉手当(ボーナス)を0.10カ月それぞれ引き上げるよう、市長と市議会議…

続きを読む

公務員の副業を解禁すべきだと思う

-
「公務員は原則として副業をしてはいけない」ということが公務員の世界では常識となっています。 民間企業でも副業禁止の規定はありますが、公務員の副業は法律で厳しく禁止されているのです。 なぜ公務員だけそこまで副業が厳しく禁止されているのか、わたしには全然納得がいかないのですが、公務員時代、周囲の人々がそのことに疑問を抱いていないことに驚きました。 わたしは県庁に勤める地方公務員でし…

続きを読む

アイドルグループやら自衛隊やら議論の場やら

-
最近のニュースから。 県も市も、色々と工夫してるんだなと思います。 職員アイドルグループにどれほどの効果があるのかは不明ですが。 ☆☆☆ ◎職員アイドルグループ結成=岡山県玉野市  玉野市の若手男性職員5人がアイドルグループ「TMN4.8」を結成し、市の魅力をPRするダンス動画を9月から公開した。市は知名度アップに向けシティーセールスに力を入れており、動画をきっかけに玉野市に興…

続きを読む

公務員転職にかかった費用は13万円

-
都内の民間企業に勤めていたわたしでしたが、わけあって地方公務員への転職を志し、地元の県庁及び都内某市役所の中途採用試験(民間企業経験者採用試験)を受験した結果、運よく一発で両方とも合格しました。 そして、第一志望の地元県庁に入庁しました。 今回の記事では、この公務員転職にかかった費用について分析したいと思います。 まず、公務員試験は、新卒だろうと、中途採用だろうと、受験料(試験…

続きを読む

屋外で用を足そうとした(用を足した)京都府の課長がけん責処分

-
今日はオモシロニュースから。 まあ、世知辛い世の中になったということですかねえ。 キャリア台無し。 ☆☆☆ ◎課長をけん責処分=京都府  京都府は23日、地方公務員法に基づく信用失墜行為の禁止規定に違反したとして、健康対策課長の男性(51)をけん責処分にすると発表した。課長は1日夜、飲酒後に屋外で用を足そうとしたところ、第三者に目撃・通報され、府警伏見署に2日、公然わいせつの疑…

続きを読む

土木職の専門試験廃って問題じゃない?

-
まずは土木職の専門試験廃止という衝撃的なニュースから。 こんなことしたって、しょうもない人材しか集まらないと思うのですが。 結局、応募が少ないのは、室戸市の魅力が無いからであって・・・ でも、何が何でも公務員になりたい人にはありがたい話ですね。 ☆☆☆ ◎土木職の専門試験廃止=高知県室戸市  室戸市は、10月の職員採用1次試験で、土木系技術職員の専門試験を廃止する。専門知…

続きを読む

新規採用職員に百貨店研修

-
最近のニュースから。 ☆☆☆ ◎新規採用職員に百貨店研修=大阪府和泉市  和泉市は、4月に新規採用した職員のうち、事務職と保健師を対象に百貨店での接遇体験研修を行った。初の取り組みで、丁寧な応対や相手のニーズに応じて最大限のサービスを提供する姿勢を学んでもらうのが狙い。  研修は、市が地域社会の活性化と発展を目的として、包括連携協定を結んでいる堺市内の百貨店で行った。参加したのは…

続きを読む