教養・専門試験を免除 倉敷市職員、事務職などに新区分

-
まずはこちらのニュースから。 最近、教養試験免除が流行ってますね。 ただ、専門試験まで免除するのはいかがなものか・・・ ☆☆☆ ◎教養・専門試験を免除 倉敷市職員、事務職などに新区分  岡山県倉敷市は2017年度職員採用試験から、1次の「教養」「専門」試験を免除し、代わりに民間企業が導入する適性検査や集団面接を行う採用区分を新設する。市によると、教養と専門試験のない新卒採用区分…

続きを読む

退職給付、官民差78万円 国家公務員2537万円 人事院が減額要請

-
総務省には先ず隗より始めよという言葉を意識して欲しいです。 ☆☆☆ ◎7月24日は一斉テレワーク 東京五輪へ総務省  総務省は18日、2020年の東京五輪・パラリンピック開催を見据えて、出勤をせずに自宅などで働くテレワークを一斉に実施してもらうプロジェクトを始めると発表した。五輪開会式予定日と同じ7月24日を「テレワーク・デー」と位置付け、首都圏にオフィスがある企業や官庁を中心に呼…

続きを読む

夏入庁の職員を募集=内定辞退者続出で

-
内定辞退続出なんて、公務員人気もだいぶ下火ですね。 景気が良いという理解でよいんでしょうか。 ☆☆☆ ◎夏入庁の職員を募集=内定辞退者続出で―岩手県  岩手県は、2016年度実施の職員採用試験で内定辞退者が相次いだことなどを受け、17年度途中に職員を採用する「特別募集」を実施する。入庁予定日は大卒程度のI種が8月1日、高卒程度のⅢ種が7月1日。一般行政Aなど計5職種で約40人の採…

続きを読む

職員採用受験案内をペーパーレス化

-
これは良い取り組みです。 今時の若者はデジタルネイティブですから。 他の自治体もやって欲しいです。 ☆☆☆ ◎職員採用受験案内をペーパーレス化=冊子配布せず経費減へ―埼玉県  埼玉県は、2017年度に実施する職員採用試験の受験案内について、印刷した冊子を原則配布せず、ウェブサイトでの掲載にとどめることにした。申込者の多くがインターネットで申し込んでいる実態を踏まえた判断。ペーパ…

続きを読む

組織改編の意義は?

-
この時期になると組織改編の話題が出てきます。 改悪にならないよう祈るばかりです。 ☆☆☆ ◎文化スポーツ振興で新部=石川県  石川県は、2017年度の組織改正案で、文化振興を所管する県民文化局を再編し、県民文化スポーツ部に昇格させる。2020年東京五輪・パラリンピックや20年夏の東京国立近代美術館工芸館(東京都千代田区)の金沢市内への移転を見据え、文化やスポーツ振興に注力する姿勢…

続きを読む

行政で朝型勤務が定着しない理由は?

-
京都府で朝型勤務の参加率が低下って、残念な結果が出ております。 参加しなかった理由がしょぼいです。 業務に支障が生じるのは分かっていたはずです。 ☆☆☆ ◎朝型勤務、参加率が低下=京都府  京都府は、2016年7~8月に試行した朝型勤務の実施状況をまとめた。参加者数は116人で参加率は2.8%だった。府は2年連続で試行しているが、前年度の参加者数180人、参加率4.4%から低下…

続きを読む

試験レベルを下げずに受験しやすい環境をつくることは可能か

-
まずはこちらのニュースから。 試験レベルを下げずに実現できるのであれば良いのではないでしょうか。 ☆☆☆ ◎大卒採用の専門試験、選択制導入=負担軽減し多彩な人材確保―熊本県  熊本県は、大卒程度の職員採用で行う専門試験について、来年度から選択制を導入する。憲法や行政学、刑法など幅広い科目を課す現行スタイルを見直し、民法など一部を必須にする以外は、受験者が得手不得手などを踏まえ科目…

続きを読む

部制導入で本当に住民サービスが向上するのか

-
世間では文部科学省の天下り問題が騒がれているようですが、今更感がすごいです。 ではまずこちらのニュースから。 組織改編っていう場合、必ずと言っていいほど「焼け太り」ですよね。 要するに新ポスト増設。 きちんと住民サービスの向上につながることを切に願います。 ☆☆☆ ◎組織改編で部制導入=茨城県八千代町  茨城県八千代町は、2017年度の組織改編で部制を導入する。職務の明…

続きを読む

大津市の「未来まちづくり部」って・・・

-
業務効率化のための職員提案っていうのは良いことなのですが、そのために業務が増えるというジレンマ。 行政改革推進課ってどんな課なの?という。 ☆☆☆ ◎職員提案制度復活へ=高知市  高知市は来年度下半期から、職員が政策や業務効率化の方策を提案できる制度を復活させる方向で検討作業を進めている。職場発のアイデアを生かし、仕事の効率化と職員の意識改革を狙う。  市は1989年度に職員提…

続きを読む

埼玉県川口市の懲戒処分

-
新たに庁舎を建てるお金があるんですね。 合併後の無駄な庁舎は削減すべきですけど。 ☆☆☆ ◎4庁舎統合し新庁舎建設へ=千葉県旭市  旭市は、現在の4庁舎を統合して新たに庁舎を建設することを決めた。東日本大震災の教訓を踏まえ、防災拠点としての役割も強化するという。2020年度の完成を目指す。  構想では、新庁舎は現本庁舎から南に400メートル離れた市所有の都市公園に建設する。住民…

続きを読む

職員の負担を軽減することはできるのか

-
公務員の仕事に無駄が多いのは事実です。 ☆☆☆ ◎職員負担減へ事務見直しチーム=岐阜県  岐阜県は来年度、全庁的に事務事業の在り方を見直す「事務事業の棚卸しプロジェクト」に着手する。総務部内に専任チームを設置して半年ほどで改善案をまとめ、主に翌年度の予算編成や人事異動に反映させる。長時間労働の見直しなど働き方改革の機運が高まる中、事務事業を合理化して職員の負担を軽減するのが狙いだ。…

続きを読む

即戦力と業務の継続性

-
即戦力確保による業務の継続というのは、行政だけでなく民間でも大切な考え方ですね。 ☆☆☆ ◎任期付き職員を正規採用へ=岩手県  岩手県は来春、東日本大震災からの復興事業に取り組む任期付き職員から正規職員を採用する。今年度の採用試験で任期付き職員経験者枠を新たに設け、一般事務と総合土木で計10人が内定した。即戦力となる人材の確保が狙いで、県によると、復興支援の任期付き職員に絞った採用…

続きを読む

部下による上司の評価って、時々聞くけど効果あるの?

-
最近のニュースから。 管理職のマネジメント能力の向上などが目的とか言いつつも、人事や給与といった処遇に反映させないなら意味無いような・・・ 部下のガス抜きにすらならないのでは? ☆☆☆ ◎課長級職員を部下が評価=茨城県  茨城県は、課長級の管理職について一般職の部下が評価する仕組みを導入する。管理職のマネジメント能力の向上などが目的で、人事や給与といった処遇には反映させ…

続きを読む

採用試験にアクティブ・ラーニング

-
自治体の採用試験に関する動向です。 こんなニュースがありました。 ☆☆☆ 採用試験にアクティブ・ラーニング=岡山県奈義町  岡山県奈義町は、今年度行う職員採用の2次試験で、討論や発表を通じて課題の解決策を考える「アクティブ・ラーニング」の手法を導入する。人口減少や高齢化といった課題に対応するため、主体性や多様性、協働性を持った人材を確保する狙いがある。  試験は町の「教育・文化…

続きを読む

職員採用試験の問題作成について。なぜ問題持ち帰りOKにしないのか?

-
1年前にこんなニュースがありあしたが、覚えている人はいるでしょうか? ☆☆☆ 西日本新聞 2015年8月4日 「担当者が多忙で」設問の6割を市販問題集から盗用 熊本市教職員採用試験  熊本市教育委員会は3日、小学校教諭採用の1次試験で、「小学校専門A」の全50問中29問が市販の問題集からの盗用だったと発表した。  問題は東京の委託業者が作成した。業者は「担当社員が不慣れで多…

続きを読む

無駄に消耗する国会待機

-
不合理な国会対応に嫌気がさして辞めてしまう若手官僚が、毎年一定数以上いると聞きます。 同じ国家公務員でも、地方の出先機関にいる国家公務員は、「国会対応業務がない」という点だけで、ものすごく恵また環境だといえるでしょう(災害対応等の現場業務の困難さもあるとは思いますが)。 有名大学を卒業し、「この国のために頑張るぞ」というアツい思いで公務員の世界に飛び込んだ優秀な若手官僚が、「こんな所…

続きを読む

「脱お役所仕事」とか「スーパー公務員」といったものに関する考察

-
最近は、「脱お役所仕事」、「脱公務員」、「目指せスーパー公務員」という雰囲気が、公務員の世界でも強まってきています。 これは決して、「俺たちは公務員で身分が保障されているのだから、好き勝手なことをやろう!」というものではありません。 公務員は多くの住民から預かった税金を使わせてもらって動いているのであって、ルールに縛られたお役所仕事も、本来は公務員が好き勝手しないための歯止めですので…

続きを読む

会計検査院VSプレミアム付き商品券

-
一昨年の12月に閣議決定された緊急経済対策で、アベノミクスによる経済の好循環を全国に拡大することを主眼として、地方の消費を喚起策として2,500億円の財源が全国の自治体に交付されました。 この交付金の使い道は原則として自治体に委ねられていましたが、国からは「たとえばこのような用途に使えます」といった例示があり、その中に「プレミアム付き商品券」があったため、結局は全国1739もの道府県や市町…

続きを読む

「ふるさと納税」の返礼品のネット転売問題

-
一昨日のニュースから。 ☆☆☆ 「ふるさと納税」の謝礼金券、ネット転売相次ぐ ―読売新聞―  自治体が「ふるさと納税」の寄付者に謝礼品として贈った商品券などの金券が、インターネットのオークションで転売されるケースが相次いでいる。  読売新聞が調べたところ、ネットオークション大手「ヤフオク!」で1月までの4か月間に、千葉県大多喜町など6市町の商品券や宿泊券など少なくとも21…

続きを読む

ゴルフ自体は悪くないけどね

-
先日、国家公務員倫理規程で禁止された「利害関係者とのゴルフ」に関連し、人事院の国家公務員倫理審査会は今年度内にも、民間企業における接待ゴルフの状況についてヒアリング調査を始めるというニュースが出ました。 超党派のゴルフ議員連盟(衛藤征士郎名誉会長)が禁止行為からの削除を求めているのを受けたもので、倫理審査会は調査結果などを踏まえて可否を検討するということだそうです。 具体的には、倫理…

続きを読む