職員採用巡る主な事件

不祥事ネタです。
まずは7月のこのニュース。
しょうもないですね。

☆☆☆
◎名古屋市職員を逮捕 銭湯で財布盗んだ疑い

 愛知県警東署は30日、銭湯で財布を盗んだとして、窃盗の疑いで名古屋市瑞穂環境事業所技士の大森敏之容疑者(51)=同市東区代官町30の1=を現行犯逮捕した。「後で警察に届けるつもりだった」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は30日午前10時20分ごろ、同区内の銭湯で、脱衣所のロッカーにあった男性会社員(55)の約9千円が入った財布を盗んだ疑い。
 東署によると、財布がないことに気付いた男性が110番。男性の財布を手にする大森容疑者が防犯カメラに写っており、同容疑者のロッカーから見つかったため、駆けつけた署員が取り押さえた。
☆☆☆


続いて。
市長逮捕はなかなか大きい事件ですよね。
市役所レベルではコネ採用は別に騒ぐような話でもありませんので、今回の逮捕の裏にはもっと大きなヤマがあるのでしょう。
山梨県警ではなく、警視庁が動いているのがポイントです。

☆☆☆
◎山梨市長を逮捕 職員採用試験で不正容疑 点数水増し、改ざんか

 山梨県山梨市の市職員採用で、筆記試験の点数を水増しするなどの不正を行ったとして、警視庁捜査2課は7日、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで市長の望月清賢容疑者(70)を逮捕した。
 捜査2課は同日午前、望月容疑者を任意同行。都内に移し、詳しい事情を聴いていた。
 逮捕容疑は、昨年に実施された市職員の採用試験で、受験者の筆記試験について点数を水増しするなど、書き換えをした疑い。試験には17人が合格し、今年4月に採用されている。
 望月容疑者は山梨県議を経て、2014年2月に市長に初当選した。
 山梨市によると、採用試験は1次試験で筆記試験、2次試験で面接と小論文を課す。望月容疑者は前市長時代には行っていなかった2次試験への市長ら市幹部の立ち会いを復活させていた。
 望月容疑者を巡っては、今年2月に離婚した元妻の石材会社社長治美被告(61)が、埼玉県の知人男性に架空の投資話を持ち掛け、約3億7千万円をだまし取ったとして、東京地検に7月、詐欺罪で起訴された。
 望月容疑者は02年まで石材会社の社長を務めていたが、詐欺事件への関与を否定していた。この事件では、望月容疑者宅も家宅捜索されており、捜査2課はその際、関連資料などを押収し、捜査を進めていた。
 山梨市は05年3月に旧山梨市、旧牧丘町、旧三富村が合併して誕生。甲府盆地の東部に位置し、埼玉県秩父市や長野県川上村などと隣接している。面積の80%を森林が占め、モモやブドウの果樹園も多い。人口約3万6千人。総面積約289平方キロメートル。
☆☆☆


最後に。
こうしてみると、結構首長が捕まってますね。

☆☆☆
◎職員採用巡る主な事件

 自治体職員らの採用を巡る主な事件は次の通り。肩書は逮捕当時。
 2001年9月 奈良県警が、職員として採用した見返りに約100万円を受け取った疑いで天理市長を逮捕
 05年7月 山形県警が、職員採用に絡む受託収賄容疑で村山市長を逮捕
 06年7月 福島県警が、職員に採用する見返りに800万円を受け取った疑いで石川町長を逮捕
 8月 試験成績に基づかずに受験生2人を採用したとして、広島地検が地方公務員法違反容疑で呉市の前市長を逮捕
 08年6月 大分県警が、教員採用試験に絡む収賄容疑で県教育委員会の参事を、贈賄容疑で小学校長ら3人を逮捕
 13年8月 広島県警が、職員採用試験で口利きの依頼を受け、見返りに300万円を受け取ったとして、あっせん利得処罰法違反容疑で三原市の前市議会議長を逮捕
 17年8月 山梨県山梨市の職員採用試験で点数を水増しした疑いがあるとして、警視庁が望月清賢市長を逮捕
☆☆☆