教養・専門試験を免除 倉敷市職員、事務職などに新区分

-
まずはこちらのニュースから。 最近、教養試験免除が流行ってますね。 ただ、専門試験まで免除するのはいかがなものか・・・ ☆☆☆ ◎教養・専門試験を免除 倉敷市職員、事務職などに新区分  岡山県倉敷市は2017年度職員採用試験から、1次の「教養」「専門」試験を免除し、代わりに民間企業が導入する適性検査や集団面接を行う採用区分を新設する。市によると、教養と専門試験のない新卒採用区分…

続きを読む

勤務中に私的ネット、職員処分 京都・宇治市

-
こういうニュースを見るたびに、公務員って暇で良いなって感じますよね。 ネットを閲覧するだけの誰にでもできる簡単なお仕事ですみたいな。 まあ、一部の輩が全体の評価を落としているわけですが。 結局、この職員に仕事を与えなかった管理職に問題があるわけですが、管理職の処分は無いようで。 ☆☆☆ ◎勤務中に私的ネット、職員処分 京都・宇治市  京都府宇治市は11日、勤務中に私的なインタ…

続きを読む

青森県職員採用 社会人枠は58歳以下に

-
まずはこちらから。 非常勤さんの中でも優秀な方は正規職員以上に仕事を捌いていますからねえ。 多様な働き方の推進のためにも必要な措置でしょうね。 ☆☆☆ ◎自治体非常勤にボーナス 待遇改善へ法改正 パートの退職手当認めず  自治体で働く一般職の非常勤職員に期末手当(ボーナス)を支給できるようにする改正地方自治法などが11日の衆院本会議で賛成多数により可決、成立した。施行は2020…

続きを読む

帰るまで上司が見届け→残業2割減った

-
まずはこちらのニュースから。 これは良い取り組みです。 当然、課長は管理職なので残業代は発生しませんし。 本来残業は管理職権限での命令ですからね。 ☆☆☆ ◎帰るまで上司が見届け→残業2割減った 横須賀市が試行  職員の残業を減らそうと、神奈川県の横須賀市がある取り組みを試した。すると、月によっては前年比で2割ほど減らすことに成功した。その策とは――。  市によると、職員の…

続きを読む

ノー残業デー週2回実施へ 鳥取県庁働き方改革会議

-
まずはこちらのニュースから。 わたしが働いていた某県では毎週水曜と金曜がノー残業デーでした。 他の県も週2回が当たり前だと思っていましたが、違うんですね。 ☆☆☆ ◎ノー残業デー週2回実施へ 鳥取県庁働き方改革会議  鳥取県は27日、県庁で「働き方改革会議」を開き、職員の過重労働を是正するため週1回のノー残業デーを週2回(水、金曜日)に増やし、午後10時以降の残業は禁止すること…

続きを読む