<山梨市職員不正採用>山梨県職員立ち会いで1次試験

-
まずは山梨市のニュースから。 立会いさせられる県職員も大変ですね。 ☆☆☆ ◎<山梨市職員不正採用>山梨県職員立ち会いで1次試験 (山梨日日新聞)  山梨市は17日、来年度の市職員採用試験の1次試験を行った。前市長が逮捕、起訴されるなどした市職員不正採用事件を踏まえ、試験の透明性を高めようと県職員の立ち会いを求めて実施。受験者からは「もう不正はないと信じたい」との声が聞かれた。…

続きを読む

多良間職員試験24年ぶり実施へ 40年で2回のみ

-
これは驚きのニュース。 「これまでは臨時職員として採用した後、正職員へ登用」 「採用されるのはその時の村長選の選挙功労者か身内か親戚だ。つまり支持者しか採用されない」 いつの時代だよという感じ。 ☆☆☆ ◎多良間職員試験24年ぶり実施へ 40年で2回のみ (琉球新報)  過去40年間で2回しか正職員の採用試験を実施していない沖縄県多良間村が、本年度に規則を制定し、来年度から…

続きを読む

福井県職員試験移住・定住枠の申込者1.5倍 本年度

-
県庁中途採用枠の情報です。 福井は人気があるんですね。 年代別では約半数が30代だったとのことで、やっぱり人生を見直すタイミングなんですかね。 ☆☆☆ ◎福井県職員試験移住・定住枠の申込者1.5倍 本年度 (福井新聞)  福井県職員採用☆(ローマ数字1)種試験で、県内へのU・Iターンにつなげようと設けられている行政職の「移住・定住促進枠」に、2017年度は92人の申し込みがあ…

続きを読む

県職員高卒程度試験、441人で倍率10・8倍 茨城 来春採用、応募状況

-
最近では高卒程度の募集は減っています。 これだけ人気があるんですね。 ☆☆☆ ◎県職員高卒程度試験、441人で倍率10・8倍 茨城 来春採用、応募状況 (茨城新聞)  茨城県は5日、来春採用の県職員高卒程度試験の応募状況を発表した。全職種の応募者数は前年度比12人増の441人で、倍率は2・9ポイント増の10・8倍となった。  県人事委員会によると、採用予定者数は前年度より13…

続きを読む

ボーナス月数、正規並みに 自治体非常勤職員で通知

-
まずはこちらのニュースから。 いまどき給料値上げは珍しいですね。 町民からの異論が無いのであれば良いとは思いますが、町長と町議の給与のギャップに驚きです。 ☆☆☆ ◎町長、町議給料引き上げ 三股町が議案提出へ (宮崎日日新聞)  宮崎県三股町は5日に開会する9月定例町議会で、町長や町議らの給料、報酬を引き上げる議案を提出する。「長年引き上げられておらず、同規模の他町村と比べて…

続きを読む

<山梨市職員不正採用>「複数職員と共謀」「試験順位4つ上げ」

-
いやー、このニュースは本当に公務員全体のイメージダウンですよね。 まあ、コネで通った人も、入庁してから苦労するんでしょうけどね。 ☆☆☆ ◎<山梨市職員不正採用>「複数職員と共謀」「試験順位4つ上げ」  山梨市の職員採用試験で、特定の受験者を合格させるため点数を水増しした文書を作ったとして、東京地検は28日、虚偽有印公文書作成・同行使の罪で前市長の望月清賢容疑者(70)=同市南=…

続きを読む

採用試験見直し着手 山梨市1次中止、延期も検討

-
1年目職員が「ノー残業デー」周知とのことで、良い取り組みなんじゃないでしょうか。 まあ、1年生はなかなかのプレッシャーでしょうけど。 ☆☆☆ ◎五島市役所、1年目職員が「ノー残業デー」周知の生放送  長崎県五島市役所では毎週水曜の夕方になると、1年目職員の“生放送”が響く。目的は「ノー残業デー」の周知徹底だが、自己紹介や近況報告も交え個性があふれている。  元々は総務課によるご…

続きを読む

役所窓口、独法への委託可能に 来春、自治体の経費削減

-
まずはこちらのニュースから。 名古屋市HPは24万PVですか。 結構広告効果はありそうですね。 ☆☆☆ ◎名古屋市公式サイト、広告主を募集 掲載画像30%拡大  名古屋市は今年5月から、市公式サイトのバナー広告の掲載画像をこれまでより30%拡大し、広告主を募集している。  公式サイトの広告収入はここ数年、減少傾向にあり、2016年度は560万円。サイズ拡大に加え、ページの最下…

続きを読む

職員採用巡る主な事件

-
不祥事ネタです。 まずは7月のこのニュース。 しょうもないですね。 ☆☆☆ ◎名古屋市職員を逮捕 銭湯で財布盗んだ疑い  愛知県警東署は30日、銭湯で財布を盗んだとして、窃盗の疑いで名古屋市瑞穂環境事業所技士の大森敏之容疑者(51)=同市東区代官町30の1=を現行犯逮捕した。「後で警察に届けるつもりだった」と容疑を否認している。  逮捕容疑は30日午前10時20分ごろ、同区内…

続きを読む

「稼げないなら応援せず」 山本創生相、自助を強調 自治体から反発も

-
茨城県はまだ社会人採用をやっていなかったんですね。 結構意外。 だいたいどこの都道府県も実施しているものだと思っていました。 ☆☆☆ ◎来春、事務職初の社会人採用 茨城県、5職種で募集へ  茨城県は18日、県職員の社会人経験者採用(大卒程度)を行うと発表した。募集は事務、土木、農業など5職種で計20人程度。対象は来年4月の採用時に30~39歳で、民間企業などの職務経験5年以上の…

続きを読む

長野県若手職員、働き方提案 「決裁時間短縮」「会議は1時間」

-
まずはこちらのニュースから。 サービス残業はダメですね。 業務の量や内容を見直さないと何の意味も無いわけで。 ☆☆☆ ◎大津市職員、残業時間15%減 「サビ残増えた」声も  大津市が職員の残業削減に力を入れている。会議は原則30分以内、午後8時消灯などを始め、4、5月の残業時間は前年比で15%減った。このままいけば行財政改革の目標を達成できそうだが、労働組合からは「サービス残業…

続きを読む

島根、鳥取県職員応募者10年で最少 民間活発化で人気に陰り

-
遅型勤務は良いですよね。 父親の幼稚園への送迎なんて素敵じゃないですか。 わたしは子供いませんけど。 ☆☆☆ ◎高知県が「遅型勤務」開始 「時間に余裕」と好評  高知県は7月3日、夏場の出勤時間を遅らせることができる「遅型勤務」を始めた。初の試みに職員からは「時間に余裕を持って出勤できる」と好評だ。9月15日まで実施する。  夏場の働き方を巡って高知県は、2015年度に通常の…

続きを読む

倉敷市採用試験応募大幅増609人 区分新設で高い人気

-
「教養」・「専門」試験の免除は効果が大きいようですね。 有為な人材かどうかの判定には採用後何年かかるんでしょうか。 個人的には効果測定に興味ありです。 ☆☆☆ ◎倉敷市採用試験応募大幅増609人 区分新設で高い人気  岡山県倉敷市は、2017年度職員採用試験の申込数と1次試験(24、25日)の実施状況をまとめた。申込総数は過去5年で最多の609人となり、16年度に比べ26・9%…

続きを読む

春日市採用試験、今年も100倍超 「教養」廃止…改革効果続く

-
最近流行の「教養廃止」ですが、応募増の効果は出ているようですね。 あとは優秀な人材が確保できれば文句なしです。 ☆☆☆ ◎春日市採用試験、今年も100倍超 「教養」廃止…改革効果続く  昨年度から教養試験を廃止した福岡県春日市の職員採用試験に本年度、計8人の採用予定数に対して949人が応募があった。競争率は118倍で昨年度(110倍)を上回り「改革」の効果は2年目も続いている。 …

続きを読む

「働き方改革」で早出・遅出勤務 群馬県が試行

-
教養試験の廃止って、本当に最近流行していますね。 それだけ門戸を広くしないと人が集まらないのでしょうか。 ☆☆☆ ◎職員採用、一部の教養試験廃止 建築土木と保健師で面接・適性検査のみ 矢板市  栃木県矢板市の斎藤淳一郎(さいとうじゅんいちろう)市長は23日の定例記者会見で、本年度実施する市職員採用試験概要を説明し、一般事務(建築土木)と保健師は面接と適性検査のみの試験にすると発表…

続きを読む